スタッフの紹介

美容外科手術について

 最近ではレーザーやIPL、ボツリヌストキシン注射、ヒアルロン酸注入などを用いたダウンタイムのないアンチエイジング、若返りを目的とした美容医療が隆盛を極めていますが、眼瞼の形態や下垂の修正、顔や首のたるみの修正、豊胸、痩身などを目的とした治療は、上記のようなメスを用いない手技によっては改善が難しく、美容外科手術が必要となる場合が少なくありません。

 もちろん本邦において美容外科は依然として患者さんにとって受け入れやすい医療とは言い難く、手術内容や費用ばかりでなく診療にあたる医師とのコミュニケーションに対する不安などが、美容外科受診への足を遠ざけている要因と思われます。
 東京女子医大形成外科美容外科外来では、できる限り患者様のご要望にお応えできるようカウンセリングを綿密に行い、医師との信頼関係を築いた上で手術方法やその効果、合併症などのリスクを十分ご了解いただいた上で、納得して手術を受けていただけるように努めております。
実際の治療については費用面での負担は多少大きくなりますが、患者様の安心と安全を優先し、眼瞼の手術などを除いては入院の上、全身麻酔による手術を行っております。
具体的な費用につきましては、料金一覧にも掲載してありますが、詳細は担当医師にご相談ください。
PageTop