ご挨拶

 アンチエイジングに関する悩みは、男子では「筋力の老化」や「精神面の老化」の比率が高いのに対し、女性では圧倒的に「顔や体型の老化」が多いという調査結果があります。その中でも主に「顔や体形の老化」を医学的に改善しようというのが「美容外科」や「美容皮膚科」です。

「美容外科」は、かつては「美容整形」という俗称でやや偏見をもってよばれていた時代もありましたが、2009年の大阪大学による美容診療実態調査では、美容外科標榜のある大学機関は全国で24施設に達し(そのうち30%が国立大学)、その後も増加傾向にあります。この結果からみても「美容外科」や「美容皮膚科」は健康志向に基づいた「アンチエイジング医学」の一環として注目されてきていることがわかります。

本来「アンチエイジング医学」は、「元気で長寿を享受することを目指す医学」であり、内面と外見を若々しく保つことは元気と健康長寿のカギでもあります。若々しさを取り戻し、そして少しでも長く若々しさを保つために美容医療の力を役立てていきたいと考えております。

東京女子医科大学 形成外科
美容外科外来スタッフ一同

PageTop